演奏者プロフィール

房原忠弘(Tp) Tadahiro Fusahara

(美ら音 代表)

 

 1991年ニューヨーク州で行われた、International association of Jazz schoolに参加。

デイブ・リーブマン(Sax)に推薦され、日本代表として「国際連合」内にて演奏する。

大阪音楽大学を中退後渡米、ニューヨーク ニュースクール音楽院

(New School for Social Research)ジャズ科に編入学。2008年ソロアルバム"Silent In Smile" 製作 (東原力哉(Dr)プロデュース)

NANIWA EXPRESにSoloゲストプレイヤーとして参加。

ボビー・ヘブ(Vo Gt)来日公演に参加 (東京 大阪 Billboard LIVE)

 

近年ではソロプレイヤーとして東原力哉(Dr)村上"ポンタ"秀一(Dr)山下洋輔(P)らと共演する傍ら、Chara(Vo) LOVE PSYCHEDELICO 福原美穂(Vo) 等のアルバム製作に参加。

2011年 日野"JINO"賢二(Bs)らとTri Horn Buffaloを結成。

 さまざまなアーティストサポートに参加するなど、

ジャンルの枠を超えた音楽的才能を発揮している。

 

房原忠弘 Official Website>

オールディーズ・ポップス バンド≪GALA≫

*日曜日限定の派遣バンドです。

 

オールディーズ、ベンチャーズ、70’Sディスコ、80’S POPS、

ロックから最近の洋楽、邦楽まで幅広く演奏します。

 

バンド編成は5人より承っております。

 

GALAの演奏レパートリーはこちら>

 


櫻井萌/Piano

 

1982年那覇市生まれ。

4才からクラシックピアノを始め、武蔵野音楽大学ピアノ科へ進学。

 

大学卒業後は沖縄に戻り、しばらくクラシックでの活動を続けるが、ジャズサックス奏者である父の影響や、初めて聞いたジャズレコードのエロール・ガーナーの

ピアノ演奏が忘れられなかったこともあり、昔から憧れていたジャズピアノへ転向。

 

現在は県内のライブハウスやホテル、イベント等で演奏活動を行っている。

民謡ユニット あさひ&ひとみ

 

三線 唄 太鼓など、「歌って弾いて叩ける!」

琉球民謡はもちろん、オキナワンポップスやカチャーシーまで様々なバリエーションを揃えるユニット。

宮良 美香(バイオリン)Mika Miyara

 

那覇市出身。

東京音楽大学音楽部器楽科、ヴァイオリン専攻卒業。
永山 蕗江、山川 はるみ、数 和子、永井 美恵子(東京音大教授)に師事。

 

1994年ドイツのミュンヘンに留学しヘインツ・エンドレス(ミュンヘン国立音楽院 教授)に師事。

2012年インドで開催された世界バプテスト大会に出演。      


佐藤右皐(Gt) Yugo Satoh

 

 

少年期よりギターに魅了され、ROCKやFUSIONサウンドに興味を持ち始め、18歳より本格的に細野義彦氏に師事。JAZZギターに取り組む。

 

JAZZだけではなくあらゆるジャンルに触手を広げ、

様々なジャンルのミュージシャン達と競演し、プレイボーイジャズフェスティバルでは

ケニー・バレルらのステージの前座、共演も果たす。

 

1992年にピチカートファイブの小西康陽氏プロデュースによる

1st CD [Introducing " THE COZYCORNERS"]でメジャーデビュー。

 

2010年10月横浜ベイサイドマリーナにて3日間行われた

ジャズフェスタ2010では総合プロデュースを勤め好評を博した。

2011年4月より沖縄に移住。

 

現在、沖縄の様々なジャンルのプレイヤー達とセッションやライブ等、

精力的に活動中である。

 

セバスティアン カプテイン(Dr & Djembe) Sebastiaan Kaptein

 

1969年8月2日、オランダ生まれ。幼少からチェロを学び、

14歳の時にドラムスを始めアフリカの打楽器に興味を持つ。

 

1996年、グローニンゲン音大を卒業後、New Yorkに渡り

多くの打楽器奏者からレッスンを受ける。

 

これまでトゥーツ・シールマンス、ミカエル・ボーストラプ・トリオ、マイク・デル・フェロー・トリオ、ジェシ・ヴァン・ルーラー、トーン・ロース・グループ(2000年オランダ・バード賞を獲得)ジャメズ(2000年オランダ・ジャズコンペティション優勝)

 

ラ・ヴィーダ・ニュー・オルリンズ・バンド、ブラッド・メルドー(Pf)

フランシエン・ヴァン・トゥイネン(Vo)、スティアン・カシュテンセン

ハリー・サクシオー二、アーネスト・ラングリン、デボラ・カーター

タイス・ヴァン・レア等と共演、数多くのツアーや録音を行っている。欧州、アフリカ、アジアなど40ヶ国以上で演奏している。

浦谷 仁美(Bs 三線) Hitomi Uratani

 

滋賀県立石山高等学校 音楽科 コントラバス専攻 卒業。

東京音楽大学 器楽科 コントラバス専攻 卒業。

2001年10月 来沖。2006年より、プロ演奏活動を始め、

沖縄初‼ 女性 Jazz Basist としてで話題を呼ぶ。

 

現在、Jazzや沖縄音楽など、幅広いジャンルを演奏し、

ホテルラウンジ、ブライダル、ライブハウスや各種イベントなど、県内外で活動中。また、唄・三線 「古宇利 仁美」として、リゾートホテルや民謡ライブなどで、沖縄民謡や沖縄ポップスなど、独自のスタイルで活動中。

 

・2007年 3/4 発売  「沖縄民謡・島うた 工工四集」

第一巻、第二巻  (有)キャンパスレコード)

・2008年 11/5 発売 CD「ウチナーJAZZ!」(沖縄ジャズ協会)

・2012年 6月琉球民謡協会 新人賞 受賞


■Chiaki(ジャズボーカル)

 

那覇市出身。留学中に聴いたJazz live(Jazz vocal)に感銘を受け、帰国後県内のライブハウスでJazz Vocalを学ぶ。

 

そのストレートなジャズヴォーカルのスタイルで数々のアーティストを魅了。

 

音楽で、歌で、人の心を動かしたい。

ステージングやバンドサウンドにこだわり、独自の活動を展開してゆく。


西川勲/Bass

 

尚美高等音楽学園中退後帰沖。

米軍キャンプでプロのベーシストとして活動を始める。

 

その後、新宿ピットインで向井滋春や渡辺加津美らとそのセッションを経て、

現在は県内各地のライブハウス、ホテルなどを中心にライブ活動をおこなっている。

 

 

KAMI/Sax

 

神奈川県出身。SAXプレイヤー。『森寿男&ブルーコーツ』に在籍後、『THE BOOM』、『東京パノラママンボボーイズ』、『HASIKEN』などをサポート。『東京中低域』、ビッグバンド『ジャガーノート』で活躍した後、06年6月、沖縄に移住。その甘いサウンドで人々を魅了するKAMIのサックス!現在は県内を中心に様々なシーンで活躍中!

 

津嘉山善栄/Drm

 

高校時代からドラムを始め19歳に職業ドラマーとしてデビュー。1960年後半からロックバンドで米兵相手に那覇を皮切りにコザ(沖縄市)金武,辺野古のAサインクラブや米軍マリンキャンプのクラブ等で71年まで活動する。その頃フルバンド(上原信平&ヤングスターズ)ドラマー山川清文に師事。72年復帰とともにダンス(ジャズ)バンドに移籍。ハウスバンドドラマーとして90年まで数々のバンドで活動.91年よりドラムスクールの講師として後進の指導に当たる傍らライブ活動と平行して現在に至る。

カウンター
公式フェイスブック・ページ
公式フェイスブック・ページ
公式アメーバ・ブログ
公式アメーバ・ブログ

【演奏のご依頼・お問い合わせ】

代表担当:房原(ふさはら)

churaoto@gmail.com


所在地:〒900-0036

沖縄県那覇市西2-4-3

美ら音とは?

私たち美ら音は 『美ら音に関わる全ての人を、生演奏で幸せにする』 営理念に、演奏者間のチームワークを大切にし、一心同体でお客様に「喜んでいただきたい」

「心をつなげて頂きたい」という想いを込めて演奏しております。 

オールディーズ・ポップス バンド≪GALA≫
オールディーズ・ポップス バンド≪GALA≫
民謡ユニット あさひ&ひとみ
民謡ユニット あさひ&ひとみ
糸満市の披露宴にて民謡生演奏
糸満市の披露宴にて民謡生演奏
披露宴にて和太鼓の余興
披露宴にて和太鼓の余興
沖縄科学技術大学院大学 OISTにて
沖縄科学技術大学院大学 OISTにて
学校公演(芸術鑑賞会)
学校公演(芸術鑑賞会)
披露宴にて生演奏
披露宴にて生演奏
クルーズ船 ダンスパーティーにて
クルーズ船 ダンスパーティーにて